ザ・筋トレ日記!!(ステロイド始めました!)

マッチョ目指して10年ぶりに筋トレ+【ステロイド】を開始!!

【ステロイド(メダナボル)】を使用して筋トレの日々!!➂

ステロイド(メダナボル)】を使用して、筋トレの日々➂

みなさん、こんにちは(*^_^*)

もういつのまにか、ステロイドを使用しての筋トレも、20日が経過しました。

 

こちらの【ステロイド(メダナボル)】を使用しています。

     

       ※☝上記バナーから購入できます! 

 

筋トレを再開してからは、すぐにはステロイドは使ってなかったんですが、もうなかなかいい年齢なものですので、こういったものに頼ってみようかな、と思い立った次第です。

現在はこんな感じです。

f:id:sakuratei2570:20170605035457j:plain

 

横向きからはこんな感じです。

f:id:sakuratei2570:20170605035625j:plain

少し痩せたように感じます。

正面からみると、あまり変わってないんですが、横からみると、腹部分が減ったかな、とゆう感じです。

体重は93kgからしばらく変わらず、とゆう感じですが、パワーは上がってきています。

 

力をいれる【ポージング的な感じで】とこんな感じです。

f:id:sakuratei2570:20170605035840j:plain

正面向きで力だけいれると、こんな感じです。

f:id:sakuratei2570:20170605035904j:plain

ステロイドの使用により、男性ホルモンや成長ホルモンが増えることで、筋肉は増えましたが、あまり脂肪はそんなに減ってないように感じます。

いちおう、腹筋もやっているんですが、体脂肪率も高いものですので、なかなか腹筋が露出してくれるのは、難しいように思います。

 

ここしばらく、筋トレのメニューを上げてませんでしたので、書きます。

ベンチプレス

ウォームアップ50KG8回・65kg8回・80kg6回、で、

勝負の4セットめ【100KG11回】!

前回の記事ではたしか、100kgは6回くらいだったと思いますが、間違いなく増えました(*^_^*)!

で、5セットめ【110kg4回】

と、本日は思いのを使っての、神経系統のトレーニングも含めた内容にしましたので、思いので少な目のセット数で、5セットでベンチプレスは終了しました。

いつもは、8セット前後やります。

あまり、肩の調子もよくなく、もともと肩関節が弱く、普段から肩回りのストレッチやインナー的なトレーニングも行っているのですが、とにかく肩が痛めやすいので、重いのを使うときは、セット数を、まだやりたいな、とゆうくらいの少なめで、やめることにしています。

 

次はバーベルを使っての【ツーハンドプレス】です。

50KG10数回→40kgで3セット。

バーベルでの【サイドレイズ】

25KGで4セット。

【アップライトロウ】

25KGで4セット。

【ベントオーバーロウ】

50kg→65kgで3セット。

デッドリフト

50kg→80kg→95kg→105kg【4回】→110kg【3回】。

【フルスクワット】

完全にしゃがみ込むスタイルで行なっています。

自宅なもので、あまり高重量を使わずに効かせられる、とゆうこともあります。

尻や太ももを完全に使用できるので、トレーニング効果が高いように思っていることもあります。アーノルド・シュワルツェネッガーはスクワットでは、完全にしゃがみ込むスタイルのスクワットをよく行っていた、と著書に書いてありました。

50KG8回→65kg8回→80kg10回→85kg6回・4回。

 

※ここまでで、高重量を使った全身のトレーニングを完了します。

バーベルでの

【ツーハンズカール】

25kg10回→35kg10回→40kg8回→35kg8回→25kg【13セットくらい?】

カールはメニューの最後の[お楽しみ]なもので、最後の25KGでは、かなりの追い込みを楽しみました(*^_^*)!

腕がパンパンになるカールは、やはりトレーニングの中でも、もっとも最高に楽しいメニューの一つだと思います。

【リストカール・バックハンドリストカール】

バーベルで、カールの重さのまま、手首だけでバーベルを上げます。掌を前に向ける通常のタイプと、前腕の裏側【伸筋】を鍛えるためのバックハンドを、交互に[スーパーセット]で行っています。

 

その後、通常のいわゆる自宅などで行われる典型的な基本的な

【腹筋】を

腕を上方向に伸ばして、負荷をかけた状態でゆっくり目に、腹筋を意識して20回を4セット。

1セット・3セットめはまっすぐに上げる腹筋。

2セット・4セットめは、ななめに下げて、まっすぐ上げて【内・外腹斜筋(脇腹の腹筋)】にも効かせるようにしています。

【背筋】はデッドリフトやスクワットで使われているので、あえて回数を多くやるタイプのものは、やりません。

 

ステロイド】メダナボル使用

トレーニングのあと、ストレッチをやり、筋肉を伸ばしたあと、【プロテイン】4発(大盛り)+【ステロイド(メダナボル)】を半錠【5mg】服用しています。

僕の考えだと、トレーニング直後には、ステロイドは使わないほうがいいのでは?

とも思ってはいますが、なぜかといいますと、トレーニングによって、ステロイド使用中ほどではないにしろ、天然の成長ホルモンがたくさん出ているわけですので、ここはしばらく天然の成長ホルモンがしばらく出てから、ステロイドを摂取するほうが、体にもいいのかな?

とゆう考えもありますが、今日はトレーニング前に服用してから、4時間以上が経過してましたので、プロテインと併せて服用しました。

 

昔、いくら頑張っても、がんばっても、【ベンチプレス】100kgが8回~9回の間をずっとず~~っっと、さまよっていた時期がありました。

「今日こそは・・・なにがなんでも・・・命をかけてでも10回上げる・・・」

もう執念になっていました。

それでも、どんなに頑張っても、100kgを10回あげることは、できませんでした。

その時の理由は、あとあとわかるんですが、ようするに、10回を目標とするトレーニングに体が慣れてしまっていた。

とゆう理由なんですね、それで、当時それをトレーナーの方に指導してもらって思い切って10回やらないと、次の重量にいってはダメ!

とゆうルールを捨てて、105kgをメインにしてセットを組んだり、110kgをメインにしたり、いろいろやっているうちに、いつのまにやら120kgを上げれるようになっており、100kgを上げてみたら、簡単に12回くらいできたんですね。

ですが、かなり長い年月を苦しみましたが、今回は、10年ぶりのトレーニングで、なんとか80kgを上げていた3か月前から、たったの3か月で100kgを11回、上げてしまい、これはやはり、ステロイドの力ではないか、と思います。

年齢的にも、成長ホルモンの量も少なくなっている、とのことでしたので、たぶん、100kgを上げるのは、まだまだかなり先のことになっていたのでは、と思います。

 

それでは、このあたりで、第➂回、失礼いたします(*^_^*)でわまた☆